海外就職-アメリカ

H1Bビザの抽選に当たりました!!!

アメリカ現地就職を考えている方へ

米国現地の大学・大学院を卒業すると、1年間(STEM: Science, Technology, Engineering and Mathematics学位は3年間)のOPT、つまりビザなしで働ける権利が与えられます。

そして一年後、もっとアメリカに残って働きたいなら、その間就労ビザをスポンサーしてもらえる会社を探す必要があります。

特に大学院のMaster取得者には、H1Bビザの抽選チャンスがBachelorに比べて2倍あるので、断然当たりやすいです(まずは会社に実力を認められてスポンサーしてもらうことが第一ですが。申請料に一人5000ドル以上かかります)。

以下は実際の僕のH1BのNoticeです。これがあると、転職も可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ就職については、今後もっと詳しく書こうと思います。

直接メッセージやお問い合わせくださった方には、さらにアドバイスできます。

ABOUT ME
シンプス
シンプス
1988年1月7日横浜市に生まれ、3人の姉妹に囲まれてスクスクと育つ。慶應大学を卒業後、世界一インターナショナルなビジネススクールで修士号を取得。その後ウォール・ストリート勤務でH1Bビザを取得、日本で起業に失敗したのち香港に移住を決意。英語オンラインサロン'Yes!'公式アドバイザー。国境を越えたユニークな生き方に興味があります。詳しいプロフィールはこちら