海外就職-マレーシア

マレーシアに現地採用された話

こんにちは!シンプスです。

今日は、僕がマレーシアに現地採用で働いていた頃の話をします。

(トップ画像は有名なSri Subramaniar Temple)

 

会社を辞めてサンフランシスコに飛び、就労ビザを現地で取ることの厳しさを目の当たりにした僕は、青年海外協力隊としてアフリカで働く決意しました。

しかし、周囲の激しい反対に会い、断念。

 

途方にくれた僕は、マイナビで転職活動をスタートしました。

そこで見つけた、「マレーシアで働きませんか?」という求人情報。

 

迷わず応募し合格。

タイで自分を見つめ直した後、僕はすぐにマレーシアに飛びました。

 

場所はペタリンジャヤという、クアラルンプールから少し離れた行政都市。

エクスペディアのコールセンターのオフィスが、ここペタリンジャヤと中国の大連(日本にはありませんw)にあるのです。

物価・人件費が著しく安いからでしょう。

 

お問い合わせ内容は、90%クレームでしたww

日本語でお問い合わせを受け、英語で世界中のホテル・航空会社と繋ぐのは、容易ではありませんでした。

ボディランゲージが通用しない以上、英語で会話するしかないのです。

 

お客様からは怒られまくりましたが、ここで僕は基本的な対話のスキルを体得しました。

同時に、マレーシアは英語が公用語のため、現地人とジムでトレーニングしたり、英語のクラスに参加したりと、ひたすら英語漬けにしました。

また、”アジアのアメリカ“、”Melting Pot of the Pacific(太平洋の人種のるつぼ)“と呼ばれているほど、世界中から移民がいました。

毎晩走って、ハーフマラソンに挑戦したりもしました。

 

集大成として受けたアイエルツでは、目標の6.5を取得しました。

毎朝英字新聞を読んでいたため、リーディングでは8.0をとるという奇跡を起こしました。

ここで僕は、あまりにも業務をおろそかにしたため、なんと会社をクビになりましたw

そして留学準備に専念するため、日本に帰国しました。

 

半年間はあっという間でしたが、周囲に助けられてなんとか生活できました。

特に、英語の特訓に付き合ってくれたヨガ先生には、感謝しきれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

👆ヨガ先生とツーショット!マラソン大会入賞メダルと一緒にw

 

最後に、僕が毎日コンドミニアムの食堂で見ていたモチベーションアップの壁絵を載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

‘When it rains look for Rainbows, When it’s dark look for Stars.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘GET READY TO BE STRONG, BE GREAT, BE AMAZING’

ABOUT ME
シンプス
シンプス
1988年1月7日横浜市に生まれ、3人の姉妹に囲まれてスクスクと育つ。慶應大学を卒業後、世界一インターナショナルなビジネススクールで修士号を取得。その後ウォール・ストリート勤務でH1Bビザを取得、日本で起業に失敗したのち香港に移住を決意。英語オンラインサロン'Yes!'公式アドバイザー。国境を越えたユニークな生き方に興味があります。詳しいプロフィールはこちら